入学案内Admissions

通信教育

通信教育は、札幌近郊以外の地域の受験生を中心に、普段本学院に通学することができない生徒を対象に開設しています。各受験生の志望する美術系大学の学科・専攻に沿った実技を、基本から応用・発展まで着実にステップアップできるカリキュラムを編成しています。通信教育スタッフが懇切丁寧に添削を行い、継続的なシステムによって短期間で効率よく技術力を身に付けます。また、春期講習・夏期講習・冬期講習及び入試直前講習中のスクーリングを併用することで、さらに効果的に技術力アップが可能です。この本学院の通信教育受講者の中から、毎年多数の合格者を送り出しています。早い時期から受講して現役合格を確実なものとしてください。

学期/スクーリング

通信教育

第1期(4月〜7月の4ヶ月)
第2期(9月〜12月の4ヶ月)
第3期(1月〜3月の2ヶ月

春期講習(3月下旬〜4月上旬)
夏期講習(7月下旬〜8月中旬)
冬期講習(12月下旬〜1月中旬)

コース(次の4つの中から選択してください。)

Aコース【油彩、日本画、彫刻】
Bコース【デザイン・工芸、映像・情報デザイン、建築、教育大《芸美》】
Cコース【札幌市立大・道内美術系大学】
Dコース【芸術学、基礎(高校1・2年)】

Aコース【油彩・日本画・彫刻】

各科共通のデッサンに関しては、基本的な石膏デッサンから構成デッサン、静物デッサンなど幅広く習得し、木炭デッサンの基本技法を初歩からじっくり学び、年間を通じ、より入試に対応した高度な制作ができるよう指導します。油彩は、用具の扱いはもとより画面構成や表現技術をしっかり養成し、造形感覚・色彩感覚を受験生の個性にあわせて伸ばします。塑造は、人物・動物・静物・自分の手などの塑造作品の写真を講評・指導します。着彩は、日本画に必要な繊細な色彩感覚を自然物を取り入れた静物モチーフから学び、より完成度の高い制作が身に付くよう指導します。

Bコース【デザイン/工芸・映像/情報D・建築・教育大《美術》】

デザイン/工芸科をはじめ、教育大系を含む「平面構成」を入試に課している各大学に完全対応できるようカリキュラムが組まれています。発想の展開や色彩計画まで、基本から応用へ着実にステップアップできるように指導します。デッサンは、構図や形の捉え方から、鉛筆・木炭の基本技法を初心者・経験者問わず、無理なくマスターできるので、あらゆる志望校への受験対応が可能です。

Cコース【市立大志望コース・道内美術系大学】
Dコース【芸術学・基礎(高1・2年)】

デッサンの基本である鉛筆や木炭の扱いから、観察力・表現力を総合的に、より造形的に質の高い制作ができるように指導します。また、平面構成や油彩・着彩などの用具解説から、実際の制作まで幅広く学ぶことが可能です。また、札幌市立大学志望者対象の鉛筆デッサンを基本からしっかり学ぶことができます。なお、進路相談や入試情報・学力面でのアドバイスも合わせて行います。

入学案内
コース案内
学院紹介
アクセス
News & Blog
× 閉じる