Design & Craft Course

デザイン・工芸科Design & Craft Course

個性を大切にした徹底したマンツーマン指導!

全国レベルのデザイン科合格を手にするためには、デッサン、平面構成、着彩、立体構成、そして、学科の5つをどう攻略するかが最大のポイントです。とくにベーシックなデッサン力と色彩を扱う平面構成は一朝一夕に養成できるものではありません。限られた時間を有効に使い、現役合格を手にするために、個性的で魅力あふれる作品を、綿密なカリキュラムによって一人一人個人指導を行ないます。懇切丁寧な指導を受けてこそ、デザイン科における個性は開花するものです。多様な出題に対する充分な対応力をしっかり養成しましょう。

デザイン・工芸科作品

Point1/各大学の入試内容に沿ったデッサン力を養成する

デザイン科の入試におけるデッサンには、各美大のデザイン学科別に特色があるといえます。「静物デッサン」「手のデッサン」「構成デッサン」「想定デッサン」といった幅広い表現を、各自が進学したいデザイン学科の入試内容に合わせて、綿密なカリキュラムを組み、デッサンのさまざまな表現力を身に付け「合格できるデッサンとは何か?」をはっきりと明確にして、実技力を指導します。

Point2/デザイン〈平面構成〉の合格ノウハウを習得する

デザイン科のなかでもっとも人気の高いグラフィックデザイン系を中心として、その大部分が入試において〈平面構成〉の試験を実施しています。「色彩をどう扱えばよいのか」「平面構成における基本技法とは何なのか」を基礎から徹底的にマスターしていきます。学院出身のデザイン科合格者が、有名美大の参考作品集に毎年掲載され、優秀な点数で合格しているのが、その確かな指導の現れでしょう。平面構成の制作ノウハウをしっかりと身に付け、センス溢れる洗練された表現で高得点を狙いましょう。

Point3/学科(国・英)の克服なくしてデザイン科合格はあり得ない!

有名美大のデザイン科ではかならず学力試験が課せられます。実技と学科が両方しっかりと得点できないとデザイン科合格は困難です。とくに北海道は全国的に見ると英語が弱く、受験生の半数以上が国語よりも英語の得点で伸び悩みます。本学院では、デザイン科合格にむけて個人面談を行い、学科の重要性を実技と合わせ綿密にアドバイスしながら、学科攻略のカギを各大学の傾向にあわせて、詳細に指導します。

実技強化内容

石膏デッサン
静物デッサン
平面構成
想定デッサン
立体構成
イメージデッサン

実技制作時間

昼間部/月~金[ 9:20~16:10]
土曜コース/土[ 9:20~12:20]
夜間部/月~金[17:00~20:00]
土曜コース/土[13:10~16:10]
日曜コース/日[10:10~17:00]
入学案内
コース案内
学院紹介
アクセス
News & Blog
× 閉じる