Tokyo University of the Arts special advance Course

東京芸大特進コースTokyo University of the Arts special advance Course

東京芸大特進コースとは?

東京藝術大学を第一志望とする受験生に完全対応するコースです。いまだ高倍率を誇る国内最難関といってよい東京芸大の最新入試情報をもとに「日本画、油画、彫刻、工芸、デザイン、建築、先端芸術、芸術学」各科各学部別の入試実技にあわせた綿密な〈個人カリキュラム〉を作成し、一次試験突破はもとより全科「現役合格」を目指します。

東京芸大特進コース作品

Point1/確かなデッサン力を身につける

東京芸大の入試実技は志望コースによって出題傾向は多岐に渡ります。そうした様々な入試内容に対して、確実に対応する実技力の基本はやはり「デッサン力」です。石膏デッサンや静物デッサンなどのオーソドックスなものからイメージデッサン、構成デッサンといった応用力の高いものまで幅広く経験値を高めていき、鉛筆・木炭などの基本技法習得にしっかりと時間を割くことが必須です。

Point2/自由な発想力と個性的な表現力の養成

たとえば東京芸大油画の定員は55名。これは55通りの絵が選ばれるということを意味します。より確かなデッサン力や技術力をもとに、単なる入試傾向の分析に留まらない個性的で自由な発想ができるように受験生に講師がマンツーマンで常に向き合い、制作への具体的で綿密なアドバイスや指導を展開します。受験生一人ひとりの資質を的確に見極め、丁寧に実技力を伸ばしていくことを最大の目的としています。

実技強化内容

石膏デッサン
静物デッサン
油彩画
着彩画
平面構成
立体構成
ドローイング
彫塑

実技制作時間

昼間部/月~金[ 9:20~16:10]
土曜コース/土[ 9:20~12:20]
夜間部/月~金[17:00~20:00]
土曜コース/土[13:10~16:10]
日曜コース/日[10:10~17:00]
入学案内
コース案内
学院紹介
アクセス
News & Blog
× 閉じる