北海道教育大学岩見沢校の変更点について

2013/09/26

北海道教育大学岩見沢校の前期日程・後期日程における入試内容が、来年度大きく変更されました。
新学部の名称は「芸術・スポーツ文化学科/美術文化専攻」となるようです。
また、新コースも設置され以下の4つの名称としています。

「美術・デザインコース」
「書画・工芸コース」
「メディア・タイムアートコース」
「美術文化教育コース」

実技試験は、大きく分けて「検査A」と「検査B」。
センター試験での科目数や配点は従来通りなので、やはりA・B各検査における実技対策をどのように準備していけばよいかが、受験生にとって一番気になるところですね。
また、前期日程と後期日程の募集定員の状況は従来とは大きく異なりますから、センター試験終了後から入試直前までの「実技対策カリキュラム」も例年とは大幅に見直しが必要となります。
Zobiでは、現時点での情報収集はもとより、教育大学の新入試に「完全対応」できる新たな実技対策カリキュラムをこの秋からスタートする予定です。
教育大志望者は、一日も早くこうした新入試に対応できる実技対策を経験する必要があります。

教育大を志望する受験生・三年生のみなさん、今後Zobiは教育大の入試動向に合わせて「教育大現役合格講座」「全道デッサン力判定模試」などでも詳しく解説していきます。
入試の疑問点や情報についてなんでも相談してください。

めざせ、教育大現役合格!

PAGE TOP

中学生対象 「夏期デッサン講習会」 開催します!

2013/07/04

中学生を対象とした「夏期デッサン講習会」には、毎年多くの生徒が集まります。〈札幌平岸高校デザインアートコース〉〈札幌大谷高校美術科〉志望の3年生をはじめ、将来美大受験を希望している生徒、高校の進路と関係なくデッサン力を身に付けたい生徒など、様々です。今年、女子美術大学付属高校に合格した生徒がはじめて参加したのも夏の講習会でした。
夏休みを利用して集中的にデッサンに取り組むことは、平常時の1ヶ月分にも等しい成果を得ることができます。また、来春きっと合格してゆく受験生の、夏の時点における実技力を見ることもできるので、普段から学校や自宅でデッサンしている方にとっても力試しになるかと思います。

講習会では、各受験高校の内容をふまえて、モチーフを一人一人個別に用意しております。人数分用意する必要がありますので、参加を考えている方はできるだけ早めにお申し込みください。今年(7/2現在)はすでに昨年の受講者数を上回る予約が入ってきています。

画用紙の表裏、鉛筆の削り方から指導します。

 

各クール前半はシンプルなモチーフで基礎を身に付けます。

 

後半では試験を想定したモチーフでタイムアタックに挑戦します。

 

今年の春平岸DAに合格した院内生による参考作品です。

PAGE TOP

芸大・美大合格者【参考作品展】開催中!

2013/03/15

 

本年度東京藝術大学油画科合格者作品をはじめ、日本画科・デザイン科・工芸科の合格者作品、多摩美術大学・武蔵野美術大学・東京造形大学・女子美術大学などの主要5美大や、愛知県立芸術大学の油画科・金沢美術工芸大学・京都市立芸術大学・沖縄県立芸術大学などの国公立芸大に合格した生徒の、合格者参考作品を展示しています。本学院で学んだ先輩達の参考作品を実際に目で見て確かめ、来春の受験に向けての励みとしてください。

 

◆展示期間/2013年2月26日(火)〜3月25日(月)

 

【入学相談】

◇常時受付けています。(電話またはEメールでお問い合わせ下さい)各美術大学の豊富な“情報”と“資料”をもとに『入学相談会』を行います。各大学の傾向や、ますます重要視される『学科』など不安点、疑問点を解かりやすく説明します。本学院の『学科講座』では、北海道教育大・札幌市立大を含む国公立大学のセンターテスト対策はもちろん、各美術大学の入試に完璧に対応しています。この『入試相談会』はどのような質問にもお答えしますので、お気軽にご参加下さい。

PAGE TOP

2013 高校生“無料”デッサンコンクール ~開催のお知らせ~

2013/03/07

北海道造形美術学院では、高校1・2年生を対象とした『高校生“無料”デッサンコンクール』を3月16日(土)に開催します。

このコンクールは、高校1・2年生〈基礎科〉の生徒が、これまでの実技力の総仕上げとして、また、今後のより本格的な芸大・美大受験対策のスタートとして、実技力の達成度を確かめることができるものです。

今回はオープン形式をとり、高校生の皆さんの参加を受け付けます。併せてこれからの進路に対しての相談会も行いますので、東京芸大・多摩美大・武蔵野美大をはじめとする全国美芸大、教育大《美術コース》志望の皆さんは、自分の実技力を客観的にチェックするチャンスです。『実技に今一つ自信は持てないが、美大に進学してみたい』と考えている方は、3月16日(土)の合評・採点だけでも見学してみることをお勧めします。芸大・美大受験を知り抜いた本学院講師陣のアドバイスひとつひとつが、具体的な実技トレーニングのヒントとなり、入試対策への具体的な目標が必ず見えて来るはずです。

なお、3月27日(水)からは『春期講習』が始まります。 本学へ新年度の入学手続きをされた方は、受講無料となりますのでご案内します。

実技の早期スタートが、現役合格への何よりの近道です。北海道造形美術学院ではやる気に満ちた君達を応援します!!

 

◆開催日時/2013年3月16日(土)

◆制作時間/13:00~16:00 の計3h
      16:15~17:15 全体講評・個人講評

◆場  所/北海道造形美術学院 本校舎

◆参  加  費/無 料(電話・Eメールでの予約も受け付けます)

 

◆受講内容〔実技コンクール&全体講評&個人講評〕
実技テストの形式で各自[鉛筆・木炭]を選択し、『静物デッサン』 を3時間で制作します。
実技テスト終了後、本学院の実技講師が講評します。個人講評も併せて行います。

◆実技オープン特典
『実技オープン』に2回以上参加すると、本学院の『オープン会員』として自動的 に登録され、本学院主催の各講習会・講座等を受講する際『入会金免除』あるい は『会員特別料金』で参加することができます。
コンクール後、新年度入学手続きされた方は春期講習は無料で参加できます。

 

※電話またはメールにてお申し込みください。

※デッサン用具は、受付事務で購入できます。

 

〒060-0004 札幌市中央区北4条西7丁目
Tel. 011-281-7100
Fax. 011-281-1301
https://www.zobi.jp
E-mail:art@zobi.jp

PAGE TOP

〈昼間部+夜間部〉「特別デッサン講評会」

2012/11/21

〈昼間部+夜間部 合同企画〉

『特別デッサン講評会』

 

ゲスト:まほうの絵ふで 校長 堀田真作先生

テーマ:「良いデッサン?悪いデッサン?」

 

美大受験生にとって最重要科目となっている「デッサン」。
美大に合格することはモチロンのこと、未来のアーティスト・デザイナーとして、いま受験生が知っておくべきデッサンの本質に迫るべく昼間部生と夜間部生合同による「特別講評会」を開催します。
ゲストは、札幌で子どもの美術教育に革新的なプログラムを展開し、注目を浴びている、まほうの絵ふで校長の堀田先生。
2010年「自画像を描く」、2011年「油彩科特別ゼミ」に続く堀田校長の講評シリーズ第三弾。受験生にとって、目からウロコの、熱くパワフルな講評会になることはまちがいありません。
学院生全員で、この講評会から「美大合格」への大きなステップとなる「デッサンの本質」をガッチリとつかみ取ってください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時: 2012.11.30(金)17:00〜

対象: 学院生全員参加 (昼間部・夜間部・基礎科・講習会員・実技オープン参加者)+美大受験志望者

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ART education program
まほうの絵ふで 校長
堀田真作
北海道生まれ
愛知県立芸術大学 油画科卒
自身のアーティスト活動として、2008年 [SAPPORO IS WHITE ](札幌芸術の森美術館)出品他、ドイツ、日本において個展、グループ展などで活躍中。

 

PAGE TOP
入学案内
コース案内
学院紹介
アクセス
News & Blog
× 閉じる